バイアグラとシアリスの天秤

有名なED治療薬バイアグラとシアリスの比較

バイアグラ

男性のED治療薬といえば、世界的にもバイアグラは知名度が高く有名ですが、食事の影響を受けやすいこと、持続時間が短いことなどから様々な改良を加えた製品が開発されています。
その中でもシアリスは、最も新しく開発されたED治療薬としては注目を集めており、現在ではバイアグラを凌ぐ人気だと言われています。
そこで、実際にED治療薬を使用する際には、バイアグラとシアリスの効果や副作用などについて比較しておくことが大切になります。
バイアグラの有効成分はシルデナフィルと呼ばれる物質です。
対するシアリスはタダラフィルと呼ばれる物質ですが、EDに対するアプローチに大きな違いはなく、いずれも陰茎海綿体の筋肉を弛緩させる働きを持つ、環状グアノシン一リン酸を分解する酵素PDE5の分泌を抑制する効果を有しています。
そのため、副作用についても、発生率こそシアリスが低いという違いはあるものの、火照りや頭痛、動悸、息切れ、胃痛などの症状に変わりありません。
ただし、食事の影響や持続時間については大きな違いがあります。
バイアグラの場合、空腹時に服用しなければ効果が半減することから、少なくとも食事の後2時間は空ける必要がありますが、シアリスはほとんど食事の影響を受けにくいため、軽い食事を摂った後でも服用は可能です。
ただし、即効性という点では、バイアグラは効果が出始めるまでに1時間程度しかかからないのに対して、シアリスは3時間程度は必要になりますからバイアグラに分があります。
また、持続時間についてはバイアグラが5時間程度であるのに対して、シアリスは最大で30時間から36時間は効果が継続しますので、即効性ではバイアグラには敵わないものの、持続性では大きなメリットがあります。
世界的な知名度でいうとバイアグラに軍配があがるものの、副作用の発生率や食事の影響、持続時間などの点からシアリスは多くの人々に支持されていますが、薬そのものに優劣はありません。
例えば、週に1回だけパートナーとセックスをするのであれば、コスト面を考えるとバイアグラにメリットがあります。
したがって、選ぶコツとしては長時間の持続時間が必要か否かを吟味する必要があります。
また、有効成分が異なることから個々に副作用の現れ方が異なります。
そこで、最初は両方を試して副作用の出にくい方を服用することも選ぶコツです。

シアリスの最も魅力的な特徴とは?

シアリスがバイアグラを凌ぐほどの人気となった理由の一つに、食事の影響を受けにくく持続時間が極めて長時間であることがあげられます。
女性とセックスを楽しむためには、リラックスした雰囲気づくりは非常に大切ですが、バイアグラの場合、食後2時間は空けなければならないなど服用するタイミングに制約があるため落ち着いてセックスを楽しめないという人も少なくありません。
その点、シアリスは効果が現れ始めるまでの時間はかかるものの、1度服用して仕舞えば30~36時間は持続しますから、服用するタイミングを考える煩わしさから解放されます。
このことこそがシアリスの最大の特徴であり、金曜日の夕方に服用すれば月曜日の朝まで効果が持続することから、ウィークエンド・ピルと呼ばれる所以でもあります。
ED治療薬を服用する上で、最大の課題が副作用にあるといっても過言ではありません。
その点でもシアリスは副作用が起きにくいED治療薬としても有名です。
もちろん、副作用の感じ方には個人差があり、心臓病や血圧に持病を持っている人であれば、副作用が起きやすいという点では他のED治療薬と変わりませんが、一般的にED治療薬を服用した人の7割から8割は何らかの副作用を実感していますが、それに比較するとシアリスの場合3割程度ですから驚異的な水準だと言えます。
持続時間が長時間であることや副作用を受けにくいことから、シアリスは1錠あたりの単価が高く設定されていますが、ピルカッターで2分の1若しくは4分の1にカットして服用する人も少なくありません。
その分、持続時間は短縮されますが、勃起力には大きな変化がないことから30時間を超える持続時間は必要ないという人であれば、リーズナブルに服用できる点もシアリスの大きな魅力の一つです。