バイアグラとシアリスの天秤

シアリス有効成分タダラフィルをもっと知る

シアリスに含まれる有効成分のタダラフィルはブロック状の分子構造をしており、体内でゆっくりと吸収されるのが特徴です。
男性は性的な刺激を受けると血液中の一酸化窒素濃度が上昇し血管が拡張されます。
さらにサイクリックGMPと呼ばれる物質が血液中で増えると、平滑筋が緩んで海綿体に血液が流入し勃起します。
ペニスが勃起するためにはサイクリックGMPが必要です。一方PDE-5と呼ばれる酵素にはサイクリックGMPを壊す作用があります。
タダラフィルはPDE-5の働きを阻害します。
男性が射精をするためにはペニスが勃起する必要があります。
サイクリックGMPの作用によってペニスが勃起し、射精を終えるとPDE-5によってサイクリックGMPが壊され勃起が終了します。
何らかの原因によりPDE-5が増え過ぎると、サイクリックGMPが少なくなりバランスが崩れます。
しかしシアリスは有効成分であるタダラフィルがPDE-5の作用を阻害することで、ペニスを勃起させます。タダラフィルは分子構造がブロック状です。
体内で緩やかに吸収されるため、服用後3時間ほど経過して効果が現れます。
シアリスにはPDE-5の作用を阻害してペニスを勃起させる仕組みがあります。
また有効成分であるタダラフィルは食事の影響を受けにくいのが特徴です。服用前に800kcalまでの食事を摂取できます。
シアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。多くの病院では10mgと20mgを使用してED治療が行われています。
分子構造がブロック状なので効果の現れ方が緩やかです。持続時間も長く10mgは20時間から24時間、20mgは30時間から36時間とされます。
PDE-5はペニスの勃起をコントロールするために必要な酵素です。
しかしスムーズに性行為を行なうためにはサイクリックGMPとPDE-5のバランスが重要になります。
シアリスにはPDE-5を阻害してサイクリックGMPの働きを助ける仕組みが存在します。
効果の現れ方が緩やかなので、体への負担が少ないというメリットもあります。

なぜタダラフィルが効果あるのか?作用の仕組み

タダラフィルはペニスの勃起を終了させる酵素であるPDE-5の働きを阻害します。
ペニスが勃起するためにはサイクリックGMPが十分に平滑筋を弛緩させる必要があります。
PDE-5にはサイクリックGMPを壊す働きがあり、ペニスの勃起はPDE-5とサイクリックGMPによってコントロールされています。
しかし何らかの原因によってPDE-5が増え過ぎると、過度にサイクリックGMPが減少します。
シアリスに含まれるタダラフィルがPDE-5を阻害すると、サイクリックGMPが平滑筋を緩めペニスが勃起するようになります。
タダラフィルは分子構造がブロック状なため、体内でゆっくりと吸収されます。
そのため効果の現れ方が緩やかです。シアリスを服用すると血管が拡張されるので血圧が低下します。
副作用として軽いめまいが見られる場合があります。また血流の促進に伴う頭痛やほてり、鼻づまり、消化不良などが起こる可能性も存在します。
しかしタダラフィルは体内で時間をかけて吸収されるので、副作用が現れにくいのが特徴です。
シアリスを服用しても、副作用が現れるのは3割ほどとされます。
タダラフィルにはめまいや頭痛などの副作用が存在しますが、これらは基本的に軽いため大きな負担となることはありません。
ただしシアリスは血圧を低下させます。脳や心臓などに障害があると服用できない場合もあります。
また硝酸剤を使用している場合は一緒に服用できません。抗不整脈を使用している場合は、病院で適切な治療を受けていれば服用できます。
シアリスは基本的に体への負担が少ないED治療薬ですが、一定の場合には医師の指導のもとで使用する必要があります。
タダラフィルにはPDE-5を阻害し、ゆっくりとペニスを勃起させる仕組みが存在します。
性行為の3時間前に服用するのが一般的です。
10mgの錠剤は20時間から24時間、20mgの場合には30時間から36時間にわたってペニスを勃起させる効果が続きます。